ごたま冒険記

まさかの強制移動に伴い、ブログを移転。相も変わらず、つれづれなるままに描いた日記を載せていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたかたの日々

うたかたの日々

岡崎 京子 ボリス・ヴィアン
宝島社 (2003/05)
売り上げランキング: 55,957


<ストーリー>
『ちょっとした財産もち』のコランと軽やかで美しいクロエ。
ふたりは盛大な結婚式を挙げるが、そのすぐ後、クロエは肺に「睡蓮」が巣食うという奇病に侵される。
治療費のために破産に追い込まれながら必死に看病するコラン。
だが、クロエは日に日に衰弱していく。
そして、ある作家の偏執狂的コレクターのシックとその恋人アリーズ、コックのニコラなど、周囲の人々の人生も深刻な様相を呈していく。

<感想>
ボリス・ヴィアン原作の「うたかたの日々」を岡崎京子がマンガとして、94年から95年に『CUTiE』で連載していたものを単行本したもの。
ヴィアンの作品らしい、『残酷さと無邪気さ』がよく表現されている作品。
ヴィアンは、その残酷さの中に救いなど用意しない。
残酷なコトを残酷なまま終わらせてしまう、切なくも美しいラヴストーリー。
ある意味、ヴィアンと岡崎京子はピッタリなコンビだね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://knyacki.blog13.fc2.com/tb.php/25-cb66a233
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。