ごたま冒険記

まさかの強制移動に伴い、ブログを移転。相も変わらず、つれづれなるままに描いた日記を載せていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国適性模試第2回

もうね、就活中の人と同じように、俺も受験ネタしか書くことがないのよ。
興味ない人には、面白くない日記だと思う。ごめんよ。



ちなみに、言い訳につなげるために、模試の話の前に適性試験について。

適性試験ってのは、大学入試でいうところの、センター試験のようなもの。
ただ、おかしなことにこの適性試験ってのは2回ある。
(6月11日と25日)
数年前、法科大学院設立を政府が発表したときに、適性試験を担当したいという団体が2つ名乗り出た。
1つは日弁連、もう1つは大学入試センター。
日弁連は『法曹になるための大学院なんだから、うちにまかせなさい』と。
大学入試センターは『大学入試のノウハウがあるうちにまかせてくださいよ』と。
お互いに譲らないので、結局適性試験が2回あるというおかしなシステムが出来上がった。

とはいえ、法科大学院発足当初は、大学入試センターの適性試験の結果しか受け付けないという大学が大半であった。
なので、いつも勉強してるのは、大学入試センターの適性試験。
4回ある模試のうち、3回は大学入試センターのほう。
しかしながら、昨日受けた模試は日弁連のほう。

そうです、日弁連のほうは全然対策をしてなかったわけです!
↑この言い訳がしたいためにつらつらと長い説明をしたのさ。(笑

よし、言い訳も終わったことだし、自己採点結果を載せよう。

第1部 推論力 52点
第2部 分析力 63点
第3部 読解力 60点
第4部 表現力  -
合計       175点

…なさけなすぎる。
そもそも、全部時間が足りなかったし。
読解に至っては、4題中3題しか解いてないし。
課題はスピードかぁ。
あと、大学入試センターのほうでは第1部の推論・分析力が得意なんだけど、実は分析力がいいだけで、推論力はたいしたことがないことが判明。
弱点がわかったんだし、ポジティブにいこっと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://knyacki.blog13.fc2.com/tb.php/130-669bb21d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。