ごたま冒険記

まさかの強制移動に伴い、ブログを移転。相も変わらず、つれづれなるままに描いた日記を載せていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果報告(日弁連)

昨日実施された、日弁連の適性試験の解答がやっとUPされた。
遅いよ、日弁連。
さて、自己採点の結果は

         得点
第1部(推論力) 70
第2部(分析力) 78
第3部(読解力) 42
第4部 表現力  -
合計       190


うん、まずいね。この点数。
他の受験生がこの記事を見たら、笑っちゃうだろうな…。
そっと、スルーしてやってください。>受験生の方々

第1部(推論力)
1問勘違いしてたけど、まぁそれも実力のうち。
ごたまの実力はこんなもんでしょう。

第2部(分析力)
全部で5問間違えたんだけど、その内3問は、確かに40分では解けなくても仕方ない難易度だった。
でも、あとの2問はいけたなー。残念。
でも、そんなに悪い点数じゃないからいいや。

第3部(読解力)
問題はここだよ。
何?42点て?じったい。(不思議の国ニッポンより)
『適当でないものを選べ』なのに、『適当なものを選べ』と勘違いした問題が4問。
これは言いすぎ、これは一部分しか述べてないとか、めっちゃがんばったのに…。ちょー初歩的なミスじゃん。情けなっ。
40分で、文章4つは多すぎだよ。


これでも、第2部が難しくなって、第3部が簡単になったらしい。
法学部の人たちの頭の構造はどうなってるんだ…?
第2部めっちゃ簡単だったじゃん!第3部めっちゃ難しかったじゃん!








よし、言い訳もできたし、次の大学入試センターの適性試験にむけてがんばるか。
やっぱ、人間って言い訳したくなっちゃうよね。
自分の失敗を正当化したいから?
自分の失敗に向き合うのが怖いから?
でも、失敗に向き合わないと成績の向上は望めないと思う。
がんばって、失敗に向き合う2週間にしようと思う。
スポンサーサイト

いざ、勝負のとき

勝負って言っても、W杯じゃない。ごめんなさい。

いよいよ、適性試験の1弾目、日弁連の試験。

緊張感ってのは、ものすごく好きだ。昔から。
大学に入ってから、久しく味わってなかったこの緊張感。
こんな目覚めのいい朝は久しぶり。これも緊張感のおかげかな?

それにしても、朝からこの高揚感…。たまらん。
最終チェックをしようと思ったんだけど、この異常なテンションで集中力がでなかったんで、バイクで15分ほど疾走してきた。(笑
少しは落ち着いたぜ。

さて、シャワーも浴びたことだし、最終チェックをして、試験会場に向かおう。

神様、いい点数を取らせてくださいなんて贅沢は言いません。
自分の実力が出せるようにお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。