ごたま冒険記

まさかの強制移動に伴い、ブログを移転。相も変わらず、つれづれなるままに描いた日記を載せていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者 室井慎次

容疑者室井慎次
 容疑者 室井慎次

 監督 君塚良一
 出演 柳葉敏郎
     田中麗奈、哀川翔、八嶋智人




<ストーリー>
2005年2月某日-警視庁・室井管理官(柳葉敏郎)が、自らが指揮をとった殺人事件の捜査の責任をとらされ、逮捕されてしまう。
室井を救おうとする若き女弁護士(田中麗奈)。
そして、警察の不正を暴くという大義名分をかざして徹底的に室井を追い詰める弁護士(八嶋智人)。
そこに、警察庁と警視庁の確執が絡み、新城(筧利夫)や沖田(真矢みき)の尽力も虚しく、事態は最悪の状況に陥る。室井の捜査への姿勢に心動かされた新宿北署の現場の刑事(哀川翔)たちは、さらに殺人事件の真相を追う・・・。
さらに、今まで語られることのなかった室井の過去が明らかになった時、室井はさらなる窮地に追い込まれる。

<感想>
踊る大捜査線好きのごたまの頭が、この映画は面白かったんだ!って正当化しようと
しているのはわかるんだけど、それでもあんまり面白くなかったな。っていうのが感想。
前半部分にストレスをいっぱい感じさせるのはいいんだけど、そういう場合は
最後にすかっとさせてもらわないと、ただ見ていてむかついた映画という印象しか
残らない。
田中麗奈の弁護もどんな形成逆転があるのかな?と期待してたのに、八嶋智人が
ぼろを出したときに、嬉しそうにつこっんだだけだし。
(そのときの田中麗奈の表情は、敵役かと思わせるほど)
まー、みんなの演技はピカイチで、室井さんが自分の過去を話すシーンは
もう1度観てみたいと思った。
スポンサーサイト

合宿から帰ってきました!

勉強合宿に限らず、塾のことをネットなどで公開することは禁じられているので、
詳しい内容は書けないんで、合宿の内容などの事実を書くんじゃなくて、
ごたまが感じたことを書こうかと。

ごたまは、この合宿中女の子だけのクラスを受け持ったんですよ。
今の子たちってどこか冷めてるような印象を持ってませんか?
ごたまは、そんな印象を持ってました。
でも、そんなこと全然ないね。

最終日に10分くらい、生徒の前で話をする機会をもらったんだけど、
みんな、目がうるむどころか、嗚咽まじりに泣いてました
ごたまが言ったセリフなんて、ありきたりの事だったのかもしれないけど、
みんな真剣に聞き入ってくれていました。

考えてみると、中学生って、そんなに『別れ』というものを経験してないのかな。
小学校から中学校へ上げるときに、複数の小学校から同じ中学校に通うことはあっても
1つの小学校から別々の中学校に通うことって、あんまりない気がする。
たった5日間いっしょに過ごした仲だけど、数時間後にはまぎれもない別れが待っている。
もう2度と会わない人もいっぱいいるはず。
あんなに泣いている女の子たちを見ていて、ごたまももらい泣きしそうになりましたよ。

ある先生はこう言いました。
『もし、半年後に街ですれ違ったとしても、みんなは俺のことを気づくことはないだろう。悲しいけど、それが現実。俺たちは分かれた彼氏のようなもんだ。いつまでも引きずるな』と。

そうだよなー。

いくら仲良くなったって、生徒と先生として出会ってしまった以上、友達なんかには
なれないんだよねー。
今の悲しい想いだって、時間がたてば忘れちゃうんだろうな。

だからこそ、今のこの悲しい気持ちをここに記しておこうと思う。


海だ!花火だ!

去年同様、高校2年生のときの人たちと海に行ってきましたー。
万博で、Tシャツ焼けをしちゃってたんで、ちょうどいいや。

去年はごたまも車を出したんだけど、今日の夜に東京に戻らなきゃならなかったので
今年は助手席で、現役組の人たちのありがたい就活話を聞きながらゆうゆうと
海にむかいました。
こんな気楽にみんなで集まって出かけられるのも、今年が最後かぁ。
海で泳いで、スイカ割りして、まずいラーメン食べてと、このメンバーにしては
珍しく、大きなハプニングもなく海を満喫できました。
やくざっぽい人にタダでバナナボートに乗せてやるよって言われたりはしたけど
地元に戻ってからは、花火大会を観賞しました。
いつまでも、みんなが笑顔で再開できますように。

同窓会

来年は就職しちゃってる人も多いってんで、高校のときの同窓会が行われたわけですよ。
以外に参加人数が多くて、405人中105人もの人が参加したそうで。

同窓会で感じたことは、話せる人数が減ったという悲しい事実でした。
同じ高校に通っていた期間よりも長い年月がたったということは、ごたまが考えていた
ものより大きかったらしく、大きな隔たりを感じました。
久々に会う友達がいても、そこの輪に知らない人がいるとなんとなく混ざれない感じで。
ごたま以外もそう感じたみたいで、みんな口々に『気まずい』だのなんだのと言ってました。
なーんか、悲しい気分になりましたよ。

というか、マイナーな方ばっか参加してたような。
マイナーという表現はよくないとは思うけど、同じ高校でしたっけ?ってな感じの人が
いっぱいいたんですよね。
そんな方たちは、ドレスとか着ちゃうほどの気合の入れよう。
かたや、ごたまの友達はみんなジーンズ。w
結局、明日もいっしょに遊ぶ仲良しグループでぺちゃくちゃお話して終わっちゃいました。

野球部OB会

高校時代の野球部のみんなで試合をしました。
ごたまたちの代と、1コ上の代と、2コ上の代だけでやる予定だったのですが
なぜか、そこには30代、40代の方々の姿も・・・。
どういう経緯でそうなったのかは不明ですけど、年齢層の広いOB会になりました。
中には市議会議員の人なんかもいて、ビックリです。

なんか、高校時代から1番見た目が変わってないと言われたのですが、
よろこんでいいのですか?
高校時代はやせてたのになー。
みんな、『ごたまは高校時代から、そんな感じの体形だったよ。』と。
そんなイメージだったのか・・・。

その後の飲み会では、看護士の元マネが、病院で看護されるというハプニングが
ありましたけど、それ以外は楽しく飲めました。
まー、ごたまはお酒飲んでないけど。
来年もOB会を企画してもらいたいなー。

愛・地球博

バイト先の方々と6、7日と愛知万博に行ってきました。
愛知万博に行く人の年齢層が高いせいか、スノボのような『超格安ツアー』
なるものはなく、1泊してしまうとどうしても3万近くなってしまう。
プランに格安という名がついたものはあるが、やはり高く感じる値段である。
そこで出た案が、岐阜出身の方の実家に泊めてもらおう!という勇ましい計画。
田舎の人(岐阜出身の方ごめんなさい)って、寛大だよなー。
快く11人もの集団を泊めてくださりました。ありがとう!
そのおかげで入場料の4600円×2=9200円とバス代の6800円と諸経費だけで
すみました。

万博に関しては、まーそんなもんかなぁ?ぐらいですね。
ディズニーランドっぽいけど、ランドのほうが楽しいだろみたいな。
あ、でも日本館の360度CGには感動しました。ありゃすごい。

企業館といくつかのパビリオン以外は大して力も入れてない感じで
いかに企業館を多く観れるかが勝負みたいなところはありますね。

それにしても夜行バスで帰ってきたせいで、8日の朝7時くらいに解散に
なったんだけど、11人中10人がその後バイトがあるってどういうことだ?
中には、9時から21時30分まで授業が入ってる人もいたし・・・。
ごたまは授業が2つだけだから、助かった。
みんな仕事中毒だな、きっと。
完全に日にちを詐称してしまってるー。

神宮花火大会

神宮花火大会って、打ち上げ場所が近いんだなー。ビックリ。
なんかglobeとかもいて、とっても盛り上がったし。
globeってまだ新曲出してたんだね。
1時間って短いなぁ。なんて思ったんだけど、何事も『腹8分目』ぐらいが
丁度いいんだね。
地元の花火大会は2時間もあって、お腹いっぱいまで観せてくれるんだけど、
毎年飽きてた記憶がある。

来年も観に行きたいなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。