ごたま冒険記

まさかの強制移動に伴い、ブログを移転。相も変わらず、つれづれなるままに描いた日記を載せていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者 室井慎次

容疑者室井慎次
 容疑者 室井慎次

 監督 君塚良一
 出演 柳葉敏郎
     田中麗奈、哀川翔、八嶋智人




<ストーリー>
2005年2月某日-警視庁・室井管理官(柳葉敏郎)が、自らが指揮をとった殺人事件の捜査の責任をとらされ、逮捕されてしまう。
室井を救おうとする若き女弁護士(田中麗奈)。
そして、警察の不正を暴くという大義名分をかざして徹底的に室井を追い詰める弁護士(八嶋智人)。
そこに、警察庁と警視庁の確執が絡み、新城(筧利夫)や沖田(真矢みき)の尽力も虚しく、事態は最悪の状況に陥る。室井の捜査への姿勢に心動かされた新宿北署の現場の刑事(哀川翔)たちは、さらに殺人事件の真相を追う・・・。
さらに、今まで語られることのなかった室井の過去が明らかになった時、室井はさらなる窮地に追い込まれる。

<感想>
踊る大捜査線好きのごたまの頭が、この映画は面白かったんだ!って正当化しようと
しているのはわかるんだけど、それでもあんまり面白くなかったな。っていうのが感想。
前半部分にストレスをいっぱい感じさせるのはいいんだけど、そういう場合は
最後にすかっとさせてもらわないと、ただ見ていてむかついた映画という印象しか
残らない。
田中麗奈の弁護もどんな形成逆転があるのかな?と期待してたのに、八嶋智人が
ぼろを出したときに、嬉しそうにつこっんだだけだし。
(そのときの田中麗奈の表情は、敵役かと思わせるほど)
まー、みんなの演技はピカイチで、室井さんが自分の過去を話すシーンは
もう1度観てみたいと思った。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。